2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

2013年5月13日 (月)

ミニトマト アイコ イエローピコ

2013年 ミニトマトの栽培記録

プランター、鉢植えで育てる家庭菜園の記録です。

 

2013/4/7
定食、、ちがう、定植。
ホムセンと農園で、ミニトマト、アイコとイエローピコの苗を仕入れてきた。
初めてのミニトマト栽培なので勝手が分からないが、とりあえず空いてた9号菊鉢と10号菊鉢に定植。もう少し大きい方がいいという噂もあるが、この容量でどこまで行けるか限界に挑戦したい。
土は、いつもどおり、消毒した古土50%、堆肥25%、新しい培養土25%に、苦土石灰と元肥(化成肥料)を混ぜ込んだもの。 混ぜてから1週間ぐらい置きたいところだけど、思い立ったらすぐ行動のサラリーマン園芸家にとって、大体そんな時間無い事が殆どなので、混ぜる、植えるは同日でやっちゃう。 …あんまり問題感じた事無い。

 

2013/4/20

 

20130510122636427
ぐんぐん大きくなって、一段目の花房が展開。あっという間に大きくなるのね。。
とりあえず支柱を立てた。 行灯仕立てを目論んで、各鉢三本ずつ、180cm x 11mmの支柱を立て、横にサポート支柱を渡した。
近くのホムセンにトマトトーン原液が安く売ってたのでとりあえず捕獲。 試しにかけてみたけど、これで効果あるのかね。 わかんないね。初めてだから。

 

2013/5/10
20130510122637730

なんというか、本当にあっという間に大きくなって、アイコ様の一番果はもはやこんなに大きくおなり遊ばしている。
イエローピコ様は既に第5花房まで展開しており、おいおいどこまで大きくなるんだよ状態であります。
行灯仕立てにぐいぐいと誘引しているので、背的にはまだまだ余裕があるけれど、鉢のサイズから言ってちょっと無理があるのではないかと思い始めた。
まぁ、どこまでいけるか限界を知るのも目的の一つなので行けるところまで行くしかない。
毎日気をつけて見ているが、いまのところアブラムシやハダニは大発生していない模様。 見つけ次第スリツブースで対応中。